ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル/メーカー MUSEUMについて お問い合わせ

下タ町醸し室HIKOBE

300年以上の歴史をもつ秋田県五城目町の福禄寿酒造。本計画は、酒蔵が位置する町のヒト、コト、モノをつなぎ、歴史と未来が連続した風景と文化を継承し発信する地域拠点です。

既存のメインファサードや躯体だけでなく、時の中で価値を熟成した木下地や欄間、家具を活かしながら、新たに必要とされる素材と機能を差し込むことで、歴史と未来をつなぐリノベーションを目指しました。また、三角庇と中間期に大きく開かれるビックドアは、内部空間を通り土間に変換し、表通り-裏庭-酒蔵-朝市通りの間に新しい歩行ネットワークと賑わいをつくります。一方、冬は風除室として機能し、温熱環境の性能を高めます。

酒蔵によって運営されるこの拠点は、酒の販売や試飲だけでなく、地域文化の展示や発信、まちのリビングルームといった、町内外に開かれた場所になっています。民間運営によって獲得される自由な施設運営と大らかな空間の設えは、民間による新しい公共性の可能性を示しています。(菅原大輔/菅原大輔建築事務所)

 

「下タ町醸し室HIKOBE」
所在地:秋田県南秋田郡五城目町字下タ町 236-2
オープン:2018年5月12日
床面積:121.05㎡
Photo:コンドウダイスケ(空撮:菅原大輔建築事務所)

 

 

SUGAWARADAISUKE建築事務所
菅原 大輔
1977 東京に生まれる
2000 日本大学理工学部建築学科卒業
2003 早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了
2003 一級建築士取得(一級建築士 : 登録312817号)
2004 C+A tokyo / シーラカンスアンド・アソシエイツ
2004 – 05Jakob+Macfarlane(フランス)
2006 – 07Shigeru Ban architect Europe(フランス)
2007 -SUGAWARADAISUKEを設立