ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル/メーカー MUSEUMについて お問い合わせ

麻布野菜菓子

東京・麻布十番に店舗を構える「麻布野菜菓子」は、季節の野菜を使用した菓子や甘味を提供する。「野菜が好き、おいしいものが好き、季節を感じながら暮らすのが好き」という考えから、素材一つひとつを大事にしながら野菜菓子をつくるオーナーの思いをかたちにした空間に仕上がっている。
菓子の販売コーナーとイートインスペースで構成された店内は、菓子に合わせて素材感を大切にした仕上げやこだわりのマテリアルが用いられている。既存建築のビルの外壁と新設されたファサードの左官壁、開口部から入ってくる自然光と店内の柔らかい照明の光、明るい場所と暗い場所、天井の高い部分と低い部分といった対比する要素を配することで、シンプルな空間ながら、さまざまなこだわりが詰められていった。
床は、ファサードから連続するモルタルの打ち放し仕上げとし、内外に緩やかなつながりを感じさせる。また、菓子のディスプレイコーナーに下がるオリジナルペンダント照明や、ファサードに設置されたロートアイアンのサインなど、ロゴがモチーフとしてリフレインする。これらのデザインが、強く主張することなく和を感じさせ、シンプルな菓子をさり気なく際立たせている。(藤井 文彦/fan Inc.)

 

 

「麻布野菜菓子」
所在地:東京都港区麻布十番3-1-5
オープン:2014年3月17日
床面積:49.8㎡
撮影:ナカサ&パートナーズ

fan Inc.
藤井 文彦
1976年生まれ
法政大学大学院建築専攻修了
2010年株式会社ファン設立
2011年〜バンタンデザイン研究所インテリアデザイン科兼任講師