ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル/メーカー MUSEUMについて お問い合わせ

カスケード原宿

tools建材一覧

『ランドスケープと飲食店舗を融合させた都心商業施設の新しい形』

カスケード原宿は、密集した都心の中でランドスケープと飲食商業建築を融合させた施設です。敷地周辺の異なるレベルの道路を繋げるための「みち」と各飲食店舗を繋ぐための「みち」をつくり、そこに人が溜まる様々な「テラス」を派生させて生まれた「みちテラス」。それを地下から4層にわたり地層のように幾何学形状で積み重ね、それに呼応するランドスケープテクスチャーと数多くの樹木を配置して、都心の中庭の新しい表情を作っています。その中庭を取り囲むように全ての店舗を配置しながら、その境界線を連続するオープンサッシュでシームレスに繋げ、ゲストは道路から繋がる「みちテラス」に自然に誘われ、そのまま緑を感じて立体的に散歩するような感覚で楽しめる、都心の新しい形の商業施設を実現させました。建築はあえて一歩引いて主張せず、各店舗とテラスの集合体が商業施設をつくっているような空間構成を試みています。(寶田 陵/the range design)

 

 

「カスケード原宿」
所在地:東京都渋谷区神宮前1-10-37
オープン:2015年
床面積:1,695.59㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

the range design 株式会社
寶田 陵
1971年 東京都墨田区生まれ
1993年 日本大学理工学部海洋建築工学科卒業
1993年 (株)フジタ計画設計部
1999年 (株)LIV建築計画研究所
2000年 (株)都市デザインシステム
2008年 鹿島建設(株)建築設計部
2009年 UDS(株) 企画・デザイン事業部(2012〜2016年 同会社執行役員)
2016年 the range design (株) 設立(2016.04〜)

 ホテル、旅館、共同住宅、商業施設、オフィス等、幅広い分野で建築設計及びインテリアデザインを手掛ける。近年ではプロジェクトにおける企画プロデュースやデザインディレクション、家具や照明器具などのプロダクトデザインにも活動の幅を広げ、新しいライフスタイルを生み出す建築・空間づくりにチャレンジしている。