ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル MUSEUMについて BAMBOO HUBに登録したい方 広告掲載ご希望の方 お問い合わせ

渋谷区に計画されたガストロノミーを提唱するフレンチレストランです。

グレーの色調で統一されたタイルやモルタル、それに木などの素材を配した店内には、13席のオープンカウンターに加えオープンキッチンを望むことが出来る6席の半個室と4席の個室を設けています。

オープンカウンターのお客様とオープンキッチン内に立つスタッフの目線を程よい高さにするために、オープンカウンターの床の高さを300mm程度上げています。しかしこの建物の階高は高くなく、床を上げた上に梁下に合わせて平滑に天井を張ってしまうと、十分な天井高が確保できませんでした。そこで、梁下が一番低くなるように様々な色調や傾きを持った天井を配することによって梁を隠しつつもレストランの客席に必要な高さを確保しています。

 

 

Ode

所在地:東京都渋谷区広尾5-1-32 2F

床面積:114.05㎡

オープン日:2017年9月23

Photo:藤井伸一郎

株式会社 TYRANT
松葉 邦彦
株式会社 TYRANT 代表取締役 / 一級建築士 ( 登録番号 第 327569 号 )
1979年東京都生まれ。東京藝術大学大学院修了後、事務所勤務を経ることなく独立。人生で初めて設計した建物が公共の文化施設(旧廣盛酒造所:群馬県中之条町)という異例な経歴を持つ。
同施設で第11回芦原義信賞優秀賞、JCD デザインアワード 2011 新人賞などを受賞。

蔵や日本建築などの歴史的建物の再生や公共空間の設計を得意とし、その活動がイギリスの一般誌 「The Independent」を始め、「SURFACE ASIA」など複数の海外メディアに掲載される。近年はアートスペースや飲食店、宿泊施設の設計や商業施設のデザイン監修などその活動の幅を広げている。

また、webマガジンPARTNER上では「Outsider Architect」を連載中。設楽洋(BEAMS)、田中仁 (JINS)、西野亮廣(絵本作家)、石川康晴(ストライプインターナショナル)、堤たか雄(セゾン現代美術館)、baanai(アーティスト)など様々な人物と対談を行う。

2018年には現代アートコレクターとして外苑前のアートギャラリー「EUKARYOTE」で自身のコレクションを展示する「MATSUBA COLLECTION」を開催。工学院大学建築学部建築デザイン学科非常勤講師。