ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル/メーカー MUSEUMについて お問い合わせ

総本家 浪花そば 北浜店

大阪の心斎橋で、昭和32年から創業する老舗そば屋が展開する店舗の一つ「総本家 浪花そば」。デザインはその老舗感を残しつつ、どうやってモダンに「日本美」を表現するかを考えた。もともと木造3階建ての旧家であった建物を改装し、1階はカウンターとテーブル席、個室1部屋、2階は座敷席、3階はスタッフルームの構成とした。1階は、柱や梁の構造が歴史を感じさせる良い風合いであったため、天井はそのまま木構造を見せるスケルトン仕上げにして老舗感を表現した。マテリアルは、建物の歴史に負けないよう本物の自然な素材を使用し、壁面にはアクセントとしてアンティークの菓子型を額装しディスプレイ。テーブルの木部の塗装は、飴色の木目の美しさと奥深さのある艶感や触れた時の木の感触を追求している。1階の奥の中庭は、日本の四季が感じられるように、紅葉の木をメーンにした庭をプランニングした。2階は個室を中心とした座敷で、接待などに対応出来るようにシックな日本美に仕上げている。大阪の金融街である北浜のビジネスマンに、ひと時の安らぎを感じていただける「日本美」を表現できたように思う。(沼田 行正/沼田行正デザインオフィス)

 

 
「総本家 浪花そば 北浜店」
所在地:大阪市中央区北浜2-4-14
オープン:2015年8月17日
床面積:195.14㎡
客席数:68席
Photo:ナカサ&パートナーズ

沼田行正デザインオフィス
沼田 行正
1974年大阪生まれ。
高校学校卒業後、飲食業を2年勤めた後、
設計施工会社やデザイン事務所に勤め、2000年に独立。
フリーランスとして活動後、2004年に有限会社沼田行正デザインオフィス設立。

2008年「和の椿」(大阪)
2013年「PIENO festa」(大阪)
2014年「菜の花」(バンコク)
2016年「うまみteppan 金魚」(大阪)他。
「総本家 浪花そば 北浜店」(大阪、2015年)で「BAMBOO AWARD 2016 グランプリ」受賞。