ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル/メーカー MUSEUMについて お問い合わせ

スイスホテル南海大阪

スイスホテル南海大阪は、2003年に日本発の「スイスホテル」として開業して以来、ホテル独自の高いホスピタリティで大阪・ミナミを象徴するホテルとして知られている。なんば駅と直結している為、交通の便も非常に良い。
その中でも弊社は2016年より、ゲストルーム(スイートルーム、エグゼクティブルーム、セレクトルーム)を始め、アトリウムラウンジ、バンケットフロア、チャペル、ブライダルサロンなどエリアごとに随時リニューアルに携わっている。
空間デザインを手掛けるにあたり、ホテルのアイデンティティ、つまりスイスホテルらしさは勿論の事、各ゲストルームのグレードによる付加価値、また大阪独特の華やかさも求められている。そこで我々は、①質の高いスイスのライフスタイル、②ホテルのコンセプトであるバイタリティ③コンテンポラリーなデザインこの三本を軸に、出来るだけわかりやすく形にする事を課題として計画に取り組んでいる。
スイスホテルを訪れるゲストはアップテンポな空間のカラースキーム、ワクワクする様な家具やアートワークに囲まれ、旅の高揚感を更に盛り上げる時間を過ごすことが出来る。(藤本 泰士/DESIGN STUDIO CROW)

 

「スイスホテル南海大阪」
所在地:大阪市中央区難波5-1-60
オープン:2016年8月~2016年8月(リニューアル日)
床面積:6F, 8F, 9F, 14-15F, 32-34F
Photo:長谷川 健太 + 329 Photo Studio

株式会社DESIGN STUDIO CROW
藤本 泰士
1983年愛知県生まれ。10代から三重県に移り工務店に就職。現場作業員として様々な経験を積む。その後、名古屋のデザイン学校を卒業後、上京して2005年から株式会社スーパーポテトに勤務。2009年からハーシュ・ベドナー アソシエイツ(HBA) 東京オフィスに勤務。その他2社のデザイン事務所勤務を経て、2013年にDESIGN STUDIO CROW設立。現在は全国各地のホテルプロジェクトや高級業態の飲食店など、多くの商業空間を中心に手掛けている。