ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル MUSEUMについて BAMBOO HUBに登録したい方 広告掲載ご希望の方 お問い合わせ

1st FRAME

ルーバーや板張りを基調にしたフレイムの代表的な住まいのひとつ。

木の柔らかな雰囲気は昔からこの地域にあった板張りの家々を思わせる「まちの記憶」でもあった。

吹き抜けガラスとタイルの透けた空間は、モダンなデザインとしてだけでなく、テーマになったのは意外にも温熱環境や高齢者対応。

「心のバリアフリー空間」として…孤立せずに家族とつながっていると感じられる仕掛け。

Design word

・心のバリアフリー

・板張りが語るもの 

・温熱環境を支える吹き抜けガラス

「1st FRAME」

所在地:世田谷区

規模:420.47(㎡)

Photo:輿水進

フレイム
金子 有太
1979 神奈川生まれ/B型
2002 日本大学理工学部建築学科卒
2005 株式会社フレイム入社

2004年から耐震化に向けた多様な不安・疑問に分かり易い言葉で解説するなど講師および相談員/行政の[防災まちづくり]の技術普及に協力。2007年に「世田谷観音に移築された築400年の旧小田原代官屋敷」を現代寺子屋として企画・活用整備/以降[住民主体のまちづくり]も継続中。
これらで培った[合意形成の手法]を活かしてデザインや意見をわかりやすく依頼者と共有することを大切に、住まいのハードづくりに留まらず、商業・福祉の活動が出来る空間デザインにも取り組んでいる。