ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル/メーカー MUSEUMについて お問い合わせ

葉柄レース生地サンドペアガラス

茶色から白色へとグラデーションがかかっているレース地を贅沢に白地の部分のみの取り合わせを
する事により純白感を演出。やわらかいファブリックを使用しての、合わせ加工では不可能とも言えるボーダーラインの柄にはがヨレはなく、ジョイント部分のボーダーラインの位置もずらさないという加工を実現しています。

只、単純にファブリックを合わせガラスに加工するのでは無く、「一番良く見える」を考え、綿密なお打ち合わせと多くの試作により生み出された唯一無二の装飾ガラスです。

尚、板ガラスは、純白を引き立たすために高透過ガラスを採用しています。

木村染匠株式会社
染匠とは、キモノのデザインを考案すると共に、創作の全般を統括しています。長年、京友禅のキモノ創りに携わってきた木村染匠では、京友禅の素晴らしさを装う為だけではなく、空間演出の分野でも活用して頂けたらという強い思いから京友禅のキモノ生地をはさみ込んだ合わせ硝子「 京友禅硝子 」 をはじめ、染匠の培った感性と意匠力、そして製作を手掛ける職人達の卓越した技術を余す事なく生かした様々な、装飾合わせガラスを創作し続けています。