ホーム キーワード 空間デザイナー マテリアル/メーカー MUSEUMについて お問い合わせ

E Office

このオフィスは、目の前に広がる自然環境を室内に引き込むかのように、屋外空間を思わせるデザインとなっている。

 

壁に建物の外壁のような素材を用いたり、目の前の自然と連続するよう壁面緑化したりすることで、屋外空間のように演出している。天井は、蔦を思わせる配管やライティングレールを剥き出しにし、床はデッキのような仕上げにしている。ペンダント照明は、木の実を連想させるように配置。有機的な形の大きなテーブルは、どこかの水辺にいるようなイメージで仕上げた。

 

そもそも、ワークスタイルやライフスタイルといった人々の振る舞いの様式は、速いスピードで変化していく。だからそれを基準に空間を設計すると、空間の耐用年数が短くなる可能性がある。代わって私が拠り所としたのは、業種業態のカテゴリーを超えた、もっと永続的で普遍的な要素だ。それが「身体的な気持ち良さ」である。

 

「ビジネスの仕方やワークスタイルが変わっても、人間が気持ち良く生活や仕事をできる環境の条件はおそらく変わらない。人間は元来、自然環境の中で生きてきたのだから、そこから得る気持ち良さは、ワークスタイルよりも永続的なはずだ。だから、利用者が身体的に気持ち良いと思える環境を提供すべきではないか」
そう考えた結果、必然的に従来のオフィス空間という固定観念から離れることになり、屋外のような気持ち良さを持ったワークスペースが生まれた。
海や森といった自然環境をデフォルメしたような空間が、自由でクリエイティブな発想を生む装置となる。
ここは人々を楽しませるエンターテイメント性の高いコンテンツを生み出す企業のオフィス。社員が自由な気持ちで伸び伸び働くことができたなら、より良い成果に繋がるだろう。(家所 亮二/家所亮二建築設計事務所)

 

「E Office」
所在地:東京都
オープン:2016年9月
床面積:195㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

株式会社 家所亮二建築設計事務所
家所 亮二
1977 横浜生まれ
2012 HOUSE PLACE ARCHITECTURE association 設立
2014 株式会社家所亮二建築設計事務所に改組

IDA DESIGN AWARDS 2016 GOLD
A'DESIGN AWARD 2017 GOLD
AMERICAN ARCHITECTURE PRIZE 2017 WINNER
BAMBOO AWARD 2017 GOLD
FRAME AWARDS 2018 WINNER
iF DESIGN AWARD 2018 WINNER